たつお、育休はじめるってよ。第8話「ついに出発!宮古島プチ移住生活スタート!」

「たつお、育休はじめるってよ。」第8話

第3子パンちゃんが生まれる前からの壮大な計画。

りすみ家の将来のあり方を大きく変える「育休とって宮古島プチ移住生活」

第8話の見どころ
  • いざ!宮古島に出発!
  • 両家を巻き込む大プロジェクト!
りすみ
りすみ
ついに!!!
ワクワクが止まらない!!

全11話完結。まとめ記事はコチラ↓↓読みたい記事からどうぞご覧ください。

たつお、育休はじめるってよ。まとめ「育休生活のダイジェスト。夫婦の総評。」

出発前のドキドキ…

夏の暑い時期とはいえ、誰か一人でも体調を崩してしまえば、計画自体が延期もしくは中止

パンちゃんが生まれてからの2か月間は、上の子2人の体調にはかなり気を使いながら生活しました。

子どもって、急に体調を崩したりしますよね…。

神経質にはならないようにしたいと思いつつ、内心そのことばかり考えていました。

最後の出産、という人生の大仕事を終えたご褒美として、宮古島プチ移住計画を実行するりすみ。

産後で精神的、身体的にしんどい時期とはいえ、ドキドキワクワクがとまりません。

そして、ついに運命の出発の日

2018年7月24日を無事に迎えることができました。

両家を巻き込む大プロジェクトに!

もともとは家族5人でプチ移住して1か月間楽しもうと思い、考え始めた計画。

一生思い出に残る経験になる!と考えたとき。

たつお
たつお
親も呼んだら、
親にとっても一生の思い出にもなるし。
親孝行やな!

という考えが浮かんできました。

りすみ達が宮古島プチ移住計画を発表すると、りすみの両親は勝手に合流することに決まっていました。(笑)

たつおのお母さんにはこちらから、宮古島に行ってみないかという提案をしてみました。

りすみの両親(じぃじ、ばぁば)
  1. 沖縄大好きな人たち
  2. りすみが宮古島の海の美しさを見せた時から宮古島に一目ぼれ
  3. りすみ達が宮古島滞在中に合流する話が自然と出てくる
  4. 8月7日から10日までの4日間合流することに
たつおの母(おばあちゃん)
  1. 気がかりなことが多く、宮古島行きを悩む
  2. 周囲の人からめったにない機会だと背中を押され決心
  3. 7月24日から27日までの4日間合流することに

そんなわけで、りすみ一家のプチ移住は、両家の親を巻き込んだ大プロジェクトへと変貌しました!!

プチ移住生活スタートは家族総出で!!

出発当日は、自宅から関西空港までりすみ家の車で行きました。

家族総出です。(りすみ家5人・たつお母・りすみ両親)

  • たつおのお母さんは一緒に出発。
  • りすみの両親はお見送りとりすみ家の車を持って帰ってもらう。

出発日は、宮古島への移動とレンタカーや宿泊先の手続きですぐに夜になってしまいました。

そして、着いた当日はまだ土地勘もなく近くのエーコープに買い出しに行く計画しか立てていませんでしたが…。

小さなお店で、時間帯が遅かったからか、お惣菜なども全然売っておらず。

晩御飯はチキンラーメンで過ごすハメになりました。

いや、チキンラーメン大好きなんですよ?みんな大好きチキンラーメン!!

せっかく宮古島に着いた日だから、沖縄らしい物が食べたかったという意味ですからね!(笑)

荷物を出したりととても慌ただしくて、どっと疲れました。

「宮古島プチ移住」スタートダッシュは観光モード!!

宮古島に着いた次の日からの3日間は、海に入れないおばあちゃんでも行ける所に行くことにしました。

りすみもたつおも、1年ちょっと前に観光で来た以来なので、ベタな観光スポットしか知りません。

1日目

海底の様子が見れる半潜水式水中展望船「シースカイ博愛」

ドイツ村となり博愛漁港

たくさんの魚やきれいなサンゴ、ウミガメも見れて大喜びでした!!

さかなクンが描いたイラスト

そして、東平安名崎。壮大な景色。空も海もきれいで地球の丸さを感じました。

東平安名崎

その後は、絶対に外せない東洋一のビーチ!与那覇前浜ビーチ!

与那覇前浜ビーチ

ここはド定番ですけど、いつ来ても、私が求めている宮古ブルーがあります。

そして、来間大橋を渡って、竜宮展望台

竜宮展望台からの景色

竜宮展望台からの景色は、いつみても美しすぎ!!宮古島に行けば必ず訪れるスポットです。

2日目

岩山のアーチが魅力的な砂山ビーチ。砂山を必死で歩いた後に広がる景色に感動。

砂山ビーチ

伊良部大橋を渡って、橋から見える景色にまた息をのんだ後は、渡口の浜へ。

渡口の浜

この日はとてもいい天気で、青い空、キラキラの砂浜!テンションが上がって、いっぱい写真撮影しました。

干潮時にしか現れない「幻のビーチ」がある17ENDへ。

17END!!

17ENDはこの時初めてだったので、その景色にさらに感動!

3日目

おばあちゃん最終日。

お昼の飛行機に間に合うように動きます。

滞在先の皆愛マンションから、歩いて行ける来間大橋下の小さなビーチへ。

マンション近くのビーチ

のちにりすみの散歩コースになる、思い入れのあるビーチです。

この砂浜でヤドカリをさがしたり、砂遊びをしたり。

ゆっくりとした時間を過ごします。

ヤドカリと遊ぶ子どもたち

そして、シギラリゾート内にある琉球の風でお土産を買ったり、お昼ご飯食べたり。

これでおばあちゃんとの宮古島観光は終了。

おばあちゃんは、悩んだ末に合流を決意した宮古島行きでしたが、今ではもう一度行きたいとずっと言っています。

親孝行旅から始まった、りすみ家の宮古島プチ移住生活。

観光続きで疲れたので、しばらくは宮古島生活に慣れるためにゆっくりと過ごします。

次回は、宮古島での日々の過ごし方、りすみの両親旅編のお話です。

たつお、育休はじめるってよ。第9話「宮古島での過ごし方。夢のような生活!!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA